2011.08.14.19:45

だんなです。
お盆前に窓がすべて取り付け完了していました。
玄関とリビングのFIXの大窓がはめ込まれ、たまちゃん家の一番の顔が完成しました。
DSCN3887.jpg   DSCN3890.jpg
トリプルガラスの深い緑が気に入ってます。
屋根の瓦も落ち着いた色合いになってます。
DSCN3895.jpg
塗り壁の下地になるラス(金網)が一部に取り付けられていました。
DSCN3885.jpg
窓の四隅はひび割れ防止のために他の所より金網が補強されています。
窓がすべてはめ込まれていたので家の中を確認できませんでした。
雨が降るたびに雑草が成長しています。
そろそろ草刈りしないと・・・
スポンサーサイト

窓の増設案

2011.08.13.08:42

だんなです。
木工事が進んで壁が増えるにつれて家の雰囲気が分かるようになってきました。
そんな折、設計士Sさんから、
「階段の上がり際あたりが暗い感じがするので窓を増やしませんか?」
との提案が浮上。
DSCN3850.jpg   DSCN3867.jpg
この位置          正面からの画像は初アップかな?
壁が施工されてしまうと修正が出来なくなるので回答を急いでくださいとのコト。
図面で確認した時点では、明るくなるし、風通しも良くなるから増やそうかと思いました。
日中は仕事で見に行けないので、早朝6時に現場に確認に行きました。
現場確認してみると、玄関の直近に位置する窓と判明。
これでは訪問客からリビングが丸見え、うかつにチン○を出してウロウロ出来ません。
(リビングを裸でうろつくのも変ですが・・・)
あえなく却下となりました。
ピンポンダッシュの犯人には好都合な環境にはなりましたが・・・

修正

2011.08.13.08:19

だんなです。
修正状況を確認しました。
以前にも紹介した「瓦屋さんに踏み抜かれた防火板」
DSCN3782.jpg   DSCN3849.jpg
修正前              修正後
ちゃんと新しいものに交換されていました。
それから基礎工事の際のミスの修正。
DSCN3842.jpg
リビングの床下なのですが、上下に見える丸い筒状のコンクリートの位置がずれてしまいました。
応急処置で木で支えている部分です。
これについては、ちょっと心配したのですが、通常はプラスチック製の束(つか)というもので支える代わりにコンクリートの丸柱を採用したのだそうです。
DSCN3853.jpg
約束どおり新たにコンクリートの丸柱が施工されていました。
大丈夫かと思いますが、万が一、床にきしみが生じたときには「大騒ぎ」しますので対応をお願いします。

打ち合わせ

2011.08.09.23:08

だんなです。
今日は秋田市に打ち合わせに行ってきました。
打ち合わせした内容は電気の配線と照明器具、造作の棚などのサイズや仕様などです。
DSCN3846.jpg   DSCN3847.jpg
たまちゃん家は洗面所、脱衣室の棚、食品庫の棚、下足箱など、すべて大工さんの造作です。
既製品は味気ないし、自分達の使いやすいように工夫が出来ません。
かなりの検討をしての造作棚なので仕上がり具合は期待できます。
電気の配線に関しては最初の提案から何度も練り直して最終決定となりました。
コンセントの位置や数、スイッチの上下の設定に至るまで、実際の生活パターンにあてはめて何度もシュミレーション。これでも後悔する部分が出てくるんだろうと思います。
DSCN3844.jpg
内装ドアの決定もしました。画像はトイレ、脱衣室の戸と一緒のデザイン。
見積もりの暫定の引き戸はスリット入りのものだったのですが、スリットを嫌うたまちゃん。
結局、スリットの入らないものに変更。また、夢ハウスの新しい戸の仕様は細い板を組み合わせたようなデザイン。これについても顔をしかめるたまちゃん・・・
旧タイプの幅広の板を組み合わせるタイプを選択。
担当Sさん、
「もしかして既に発注してしまったかも・・・」
と焦る。万が一、発注済でもたまちゃんは納得しませんよ~。必ず希望通りのデザインの戸を手に入れてもらいます。よろしくお願いしますよSさん(とプレッシャーをかける)

屋根の瓦

2011.08.09.22:26

だんなです。
ついに屋根に瓦が載せられ始めました。
洋瓦にも様々な色があり、悩んだ末に選んだ色ですが、落ち着いた色で正解でした。
DSCN3831.jpg   DSCN3835.jpg
外壁には防湿シートが貼られていました。
DSCN3834.jpg
外壁はサイディングではなく、以前にも紹介したスーパー白州そとん壁です。
防湿シートも専用の物なのでしょうか?
いずれ、壁が塗られるのはお盆明けになるそうです。

ミスを発見

2011.08.08.21:25

だんなです。
普通の人は見つけられないようなミスを発見しました。
まずはコチラ
DSCN3783.jpg
破風から突き出たクギを発見。
これはダメでしょう。
Sさんにメール、調査の結果、瓦屋さんが屋根の下地の浅木を打ちつけた際にミスをした模様。
大工さんが修正してくれるそうです。
さらにコチラ
DSCN3782.jpg
防火パネルの一部が割れてます。
この件についてもSさんにメール。
調査の結果、これも犯人は瓦屋さんと判明。
ウチを壊さないでくれえ~(怒)
屋根の上で作業中に間違って踏み抜いてしまったとのコト。
修正するのは大工さんのお仕事。
さて、この二つのミスですが、発見したのは私ではなく、2人の子分達。
親の姿を見て子は育つとは、このことですねえ・・・・
「ウザ施主1号」はロクに点検をせず、家の中をウロウロして満足していました(反省)

気密

2011.08.07.19:03

だんなです。
高気密へのこだわり部分をチェックしてきました。
「夢ハウス」のパートナーだからといって必ずしも高気密の施工はされません。
秋田で「夢ハウス」を施工する業者さんは、「木組」の他にも「大○」という業者があります。
そちらでは気密性に関しては重視していませんでした。
私としては住宅の勉強をしてみて断熱性能をフルに発揮するためには高気密は絶対の必要な性能だと考えています。木組では高気密の施工を標準としています。ホームページでもう少し木組オリジナルの住宅性能について紹介すべきだと思っているのは私だけでしょうか?
DSCN3723.jpg
耐震パネルと柱はぴったりの寸法で組み立てられていますが、目地の部分に気密テープが貼られます。
DSCN3725.jpg
基礎断熱の断熱材は突合せではなく、ジグザグに切れ込みを入れてつなぎ合せ空気の流れを止めています。
土台との隙間を無くす為に発砲ウレタンを充填しています。
壁の断熱には内側から硬質ウレタンを吹きつけする予定です。
これにより断熱性能、機密性能が確保されます。
DSCN3720.jpg
玄関ドアも高気密仕様のモノを使っています。
シンプル志向のたまちゃんチョイスの為、飾りの無い、窓も無い単なるドアです。
しかし、何故か値段は高い!

2011.08.06.13:37

だんなです。
私が仕事で見に行けない間に窓が装着されたようです(たまちゃん撮影)
窓については断熱性能にこだわり、トリプルガラスにしました。
ガラスの色はグリーンに見えます。フィルムが入っているワケではなく色の指定は出来ません。
DSCN3714.jpg
トリプルガラス
当初は値段の事もあり見送られていました。
しか~し、住宅の基本性能に執着している「施主1号」のあくなき欲望を見抜いていた設計士Sさん、
「トリプル、絶対いいですよ。断熱性能が違いますね」
の一言で簡単に折れてしまいました。
たまちゃんも、「やめてもどうせ後悔するでしょ?」と一言。
こうして、35年ローンの返済金額が少しづつ増えていくのであった・・・

家作りのコンセプトは一生懸命に借金を返したくなる良い家を建てる事。
そのためには日々の我慢の積み重ね。今後もたまちゃん家はコンビニでジュースを買えない生活が続くのである。

屋根

2011.08.06.13:11

だんなです。
仕事が忙しくてなかな新ネタのアップが間に合いません(汗)
玄関の天井問題ですが、一家の主の主張が通り、天井を張らずに開放感のある玄関に決定しました。
やっぱり玄関は空間を広く見せないと・・・
さて、本体工事は屋根に合板を貼り、家らしくなってきました。
DSCN3679.jpg
日が暮れかかってからの撮影なので露出がイマイチです。
合板の内側には上からの熱を反射するタイベックシルバーが貼られています。
DSCN3682.jpg
タイベックシルバー
屋根は常に太陽光にさらされてしまうため、夏は大変な熱を持ちます。
このシートを施工することで、かなりの断熱効果が期待できます。
DSCN3699.jpg
ガレージ部分の屋根には防火仕様のパネルが使われました。
準防火地域に指定されている為、木を外部にあらわしにする部分は屋根に防火措置をしなければならないようです。内部の玄関部分は普通のパネルとなっています。
住宅建築には素人には分からない様々な法の規制があるのです。

問題発生!

2011.08.02.21:29

だんなです。
ちょっとしたトラブルが発生しました。
玄関なんですが、玄関収納との仕切りについて、「ついたて」の大きいのをイメージしていたのに頑丈な柱に囲まれた壁になっていました。物凄い圧迫感。広いはずの玄関が狭く感じます。
DSCN3668.jpg
夢パネルがはめられているという事は耐力壁?
穴が開けられないんじゃ・・・
心配になって担当Sさんに即電話。
「図面だと柱も無かったし、イメージと違う。修正出来るの?」
翌日、すぐに現場に来ていただきました。
柱は予定通りの施工であり、間違えてはいないとの事。
柱の無いところに壁を作ると支えが無いので倒れてしまうとの事。確かにその通り。
「壁」という事で夢ハウスの工場側で間違えて上までのパネルをよこしたのであるが、構造計算上では耐力壁には含まれておらず、壁が無くても全く問題は無いという説明でした。何とか一件落着・・・
のハズでしたが、今度は玄関の天井を屋根なりに開放するか、普通の天井の高さで天井を張るかで「たまちゃん」と意見が相違!開放感が好きな私と木を現わしにしたくない「たまちゃん」の意見が平行線をたどる。
天井を張ったら折角の木の骨組みが隠れてしまい、勿体無いと思うのだが・・・
開放する方向へ8割方決まりつつ、設計士Sさんの意見を聞くという事で課題として保留になりました。
決着がどうなるのかは、今後のブログで明かされます。
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん



現住所:秋田県能代市
性 別:女
血液型:B型
星 座:ふたご座
自己紹介:ダンナ45歳、高2の双子の息子たちとハムスターのはむ2歳と暮らす主婦です。札幌に住む専門学生の娘ちゃんは18歳。日々の暮らしとひとりごと。

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR