ガレージの収納

2012.10.18.09:00

だんなです。
今日はガレージの収納状況について紹介します。
DSCN7657.jpg
コメリで売り出しの時に買ったスチール棚です。
かなりの重量に耐えられます。
主に現在レストア途中のスバル360関係の部品を収納しています。
青いカゴは野菜収穫用のケースです。
昔使っていた年代モノのミニコンポも設置し、第二の人生を歩ませています。
CDもリンドバーグなど懐かしのものばかりです。40代の懐メロコーナーになっています。
DSCN7658.jpg
コチラが板金塗装関係のコーナー?です。
塗料やウエス、塗装関連の道具を集めています。
サンドペーパーはレターケースに収納しています。
使われなくなった衣装ケースなどを再利用して部品やウエスなどを収納しています。
DSCN7659.jpg
ワークスペースです。
かなりやつれていますが、リサイクルの木製事務机を並べて使っています。
引き出しがあるので普段あまり使わない特殊工具を収納します。
コメリ製品の収納ケースにネジや定期交換部品を収納しています。
ネジの仕分けについては農業用品の苗を育てるケースを利用しています。リーズナブルです。
机の左側に置いている縦8段の黒い収納ケースは独身時代から使っている年代モノ(約20年所有)です。
その左隣りはバッテリー充電スペースとなっています。
飾り棚は自分で取り付けました。住宅建築時の使われなかった木を寄せておいて再利用したものです。
DSCN7660.jpg
オイル、ケミカル関係の作業スペースです。
まだ一度も使った事がありませんが、パーツ洗浄台も設置しています。
DSCN7661.jpg
こちらもストック部品の棚です。
お向かいさんからタダで譲っていただきました。
過去に息子さんが本棚として使っていたものらしいのですが、不用品として小屋にしまわれていたものです。
捨てられずに我が家で第二の人生を開始しました。
ブッシュなどのゴム部品、プラグなどの電装部品を整理しています。
大きめに作ったハズのガレージですが、棚や机でスペースが占領されてきました。
コンセントは6箇所設置しましたが、丁度良いです。
欲を言うならばガレージ内の水道設備ですね。予算の都合で断念しましたが、あればベストでしょう。
今のところバケツに水を汲んで拭き掃除をしています。
汚れる作業をする時は使い捨てのゴム手袋を使用すれば手洗いも不要です。水道は無くても何とかなります。


スポンサーサイト

二柱リフト

2012.08.25.09:00

だんなです。
ガレージについに二柱リフトが設置されました。
夢にまで見たオヤジのおもちゃに感無量です。
いろいろリサーチした結果、ネット販売を手がけている「サクラツール」という業者から購入しました。
自分で設置するのは流石に無理なので設置工事もお願いしました。
本当は有名メーカーのビシャモン製が欲しかったのですが、予算の都合もあり、ヘスボンという韓国メーカーのリフトになりました。二柱門型リフト
DSCN7086.jpg   DSCN7088.jpg   DSCN7091.jpg
ウチのガレージの入口は高さが2.5メートルの為にクレーンが使えず、人力による搬入、設置になり、かなり手こずっておりました。この日も気温30度オーバーであったため、作業員のオジサンは汗だくで頑張ってくれました。
DSCN7102.jpg
転倒防止のベースと駆動柱をアンカーボルトで固定。
結局、設置工事完了は夕方になりました。
DSCN7109.jpg
ついに完成!念願のリフト設置!だんなのワガママを許してくれる妻に感謝!
ガレージライフを夢見るオヤジ達の夢実現にこのブログが役に立つことを期待しています。

さて、リフトの電源ですが、三相200Vが必要になります。
しかし、個人宅で三相200Vを引くとなると大変です。
三相200Vは基本料金が高いけど電気量は安いという代物。
電気を大量に使用する事業所にとってはお得ですが、滅多に使わない個人としては無駄が多いのです。
そこで登場するのがインバータです。
DSCN7099.jpg
この小さな機械に接続することで単相200Vが三相200Vに変換されます。
オール電化住宅は単相200Vを使用していますので、この方法が使えるのです。
たまちゃん家がオール電化を選んだ理由はこの為でもあります。計画的犯行ではありません・・・
DSCN7111.jpg
早速、車を持ち上げて機能をチェック。
今年の冬は楽にタイヤ交換が出来そうです。


LED

2012.08.22.18:15

だんなです。
我が家の初のLED電灯導入はガレージです。
蛍光灯タイプのものを4本設置しました。
LEDにした理由は電気代の事もありますが、天井が高いので容易に交換出来ません。
寿命の長いLEDでなければ大変です。
コメリで買った一番デカイ脚立でも天井に届きません。
電灯が切れた場合は業者さんに依頼するしかありません。
DSCN7071.jpg
あと、ガレージの装備としては普通はありませんが、アンテナ線も引き込みました。
これはラジオを聴くためのものです。
ガレージで作業する時に無音だと寂しいんですよね。
パイプ車庫時代からガレージとラジオは切れない間柄なのです。
DSCN7072.jpg
今回、ガレージの電気工事については母屋のエアコン工事でもお世話になった「幸坂電設」さんに施工してもらいました。
社長は口数が少ない方なのでいつも会話が途切れがちになりますが・・・
仕事はバッチリ、とても信頼できる業者さんです。
電気工事についてはラジオ用のアンテナを増設してもらえば完了となります。
さて、このラジオ用のアンテナですが、新たに線を追加しなくても、テレビの線と共有出来るとのことですので自宅内でもラジオが鮮明に聴く事が出来るようになります。たまちゃんはラジオが聴きたいようです。

床塗装

2012.08.16.15:31

だんなです。
ガレージの床のコンクリートですが、コンクリート用の塗料をネット通販で購入し、塗装することにしました。
使用した塗料はボージンテックスという2液ウレタン塗料です。
DSCN6996.jpg   DSCN6997.jpg
キレイに掃除機をかけてチリやホコリを除去し、マスキングテープで養生します。
塗料の密着を良くするためにプライマーを塗ります。
DSCN7012.jpg   DSCN7014.jpg
いよいよ上塗りです。ローラーで簡単に塗装できました。
DIYで十分に作業が出来ます。ペンキ屋さんに頼むと手間賃が発生するんですよね。
DSCN7021.jpg   DSCN7023.jpg
とてもキレイに仕上がりました。
しかし、2液ウレタンの硬化剤の配合を失敗してしまいました。
今のところちゃんと乾燥しているので問題は無さそうですが、後で適正な配合でもう一度上塗り塗装する予定です。

電気工事

2012.08.07.13:01

だんなです。
ガレージの電気工事も始まりました。
電気工事に関しては知り合いの業者さんに自分で手配しました。
信頼できる業者さんですので見積もりも出してもらわずに工事を進めてもらっております。ちょいと不安。
DSCN6813.jpg
電気のケーブルは邪魔にならないように埋設します。
家の正面のほうから手掘りで埋設します。
DSCN6814.jpg
こちらが配電盤です。コンセントは6箇所設置してもらうことにしています。
忙しいらしくこの状態で作業がストップしてしばらくになります。

とある日、県の役人さんが完了検査の調査に来ました。
確認申請を出すと、この完了検査も受けなければなりません。
何かと手数料やら何やらで建築費意外に十数万円の出費となりました。
DSCN6819.jpg
しかし、朗報がひとつ。
秋田県の施策の「住宅リフォーム推進事業」の対象になるとのコトで、最大20万円の補助金がもらえる事実が発覚!完了検査に立ち会わなければこの事を知らずに貰い損ねるところでした。
書類手続き関係は苦手ではないので自分で申請。

ガレージ建物完成

2012.07.29.20:14

だんなです。
内部の石膏ボードが貼られ、シャッターも取り付けられ、ガレージの建物が完成しました。
DSCN6764.jpg   DSCN6760.jpg   DSCN6759.jpg

DSCN6730.jpg   DSCN6727.jpg   DSCN6762.jpg
長年、夢に見ていたマイガレージの姿に感無量です。
建物が完成したので電気工事、リフト設置などに取り掛かります。
スレートの外壁に折半屋根、梁下4メートルのガレージは整備工場のようです。

さて、建物が完成して代金の支払いという場面になり、トラブル発生!
何と、追加費用として約30万円の請求書が・・・
当初の予定よりも、基礎や構造材の変更があったとの説明ですが、これには大反発!
追加変更工事については事前の説明が一切無かったのです。
契約書にも、
「請負代金額の変更については甲乙協議して定める」
とありますので、強気で請求書を突き返し、事なきを得ました。
工務店特有の手法なのです。契約書の文面を良く見ていない人は疑問を持たずに支払いしてしまうんでしょうね。


外壁張り

2012.07.17.10:00

だんなです。
いよいよガレージ建築も大詰めです。
外壁は一般家庭では馴染みの無いスレート張りとなります。
外壁の下には防水シートが張られます。
一般的に鉄骨作りの倉庫や工場なんかは防水シートは施工しません。
ウチは木造なので防水対策をとりました。
DSCN6662.jpg   DSCN6665.jpg
スレートについては大工さん、初めての素材との事で、かなり手間ひまをかけて頑張って作業していました。
ナミナミになっているのでキッチリと噛み合わせないと斜めにずれたりするんです。
DSCN6672.jpg   DSCN6676.jpg
外壁をすべて張り終わるまで3日以上かかっていたようです。
私はこのスレート壁が気に入っておりますが、子供たちは「汚い壁」と言っています・・・・
DSCN6712.jpg   DSCN6702.jpg
この薄汚れた感じが何となく昭和を感じさせてくれます。
レトロなホーロー看板なんかを取り付けるとカッコイイと思います。
ネットで安く手に入れたいものです。
DSCN6708.jpg
外見上は、ほぼ完成形となりました。



構造用合板と折半屋根

2012.07.14.13:27

だんなです。
大工仕事が始まってからは瞬く間にガレージが仕上がっていきます。
ガレージの前後に構造用合板が張られ、屋根も仕上がっていました。
DSCN6611.jpg   DSCN6613.jpg
壁の左右は普通に筋交いが入っています。
全面構造用合板だとコストが高くなるのでしょうか?
DSCN6622.jpg   DSCN6618.jpg
断熱材は入らないので、私としては構造用合板のむき出しのままでいいと思うのですが、防火認定が取れないとの事で、後から石膏ボードが張られてしまいます。このまま棚として使いたい気持ちが一杯です。
構造用合板はホルムアルデヒド対策が取られているようです。
有害物質は少ないに越したことはありません。
DSCN6621.jpg   DSCN6627.jpg

DSCN6626.jpg   DSCN6630.jpg
屋根はガレージや倉庫でお馴染みの折半屋根にしました。
いかにも整備工場っぽい感じが漂ってきます。
折半屋根の裏には結露防止、防火対策で「フネンエース」というスポンジのような素材が貼られています。
断熱効果もあるようです。
ガレージの東側の壁面には採光の為の窓をつけてもらいました。
風通しを考えると反対側にも必要なのですが、ガレージで作業する時は前面のシャッターを全開にしますので問題なしです。何より西日になりますので反対側に窓を付けませんでした。
また、日光に弱いプラスチック部品や有機溶剤を西側の壁面に収納することが可能となります。
ガレージ内部の物の配置も少しづつ考えていかなければなりません。

柱建て

2012.07.13.11:59

だんなです。
いよいよ柱立て。梁はユニック車のクレーンで吊って組み立てます。
そういえば、家を建てるときは大型のクレーンを使用しました。
ガレージサイズであればユニックで十分なんですね。
DSCN6577.jpg   DSCN6590.jpg

DSCN6601.jpg   DSCN6598.jpg
建て方は1日で終了となりました。建物が小さいのであっと言う間の作業です。
柱の太さはオール4寸。
梁の太さも申し分無く、丈夫なガレージが出来そうです。
ガレージは5メートル×6メートルの広さで、かつ、室内高が4メートルという注文。
この大きな空間を確保するために材料が申し分ない太さと長さの物が使われることになりました。
これについては施主としては大満足。天井は梁あらわしの予定です。

土台敷き

2012.07.11.18:36

だんなです。
ガレージ建築は基礎工事が終わり、いよいよ大工さんによる作業に入ります。
足場が設置され、基礎の上に土台が載せられました。
DSCN6575.jpg
今回のガレージ建築の材料は地元の材木店さんからの仕入れですので、土台と柱は秋田スギ、梁は米松です。
予算の都合もありますので、土台をヒバにしてくれとは言えません・・・
米ツガとかホワイトウッドでないので良しとします。
DSCN6557.jpg
一般的な防蟻処理の薬剤が塗られていました。
ガレージなのでこの点は気になりません。どのみち、ガレージ内ではシンナーやらガソリンやらの有機溶剤を使用するし、車の排気ガスも充満します。
基礎のコンクリートむき出しなのでシロアリの進入は無いと思います。蟻道はすぐに発見出来ます。
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん



現住所:秋田県能代市
性 別:女
血液型:B型
星 座:ふたご座
自己紹介:ダンナ46歳、高2の双子の息子たちと暮らす主婦です。札幌に住む専門学生の娘ちゃんは19歳。日々の暮らしとひとりごと。

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR